意外と知らないトイレの種類!そのメリット・デメリットと選び方

意外と知らないトイレの種類!そのメリット・デメリットと比べ方




しょうへい

こんにちは、元リフォーム営業マンのしょうへいです。

今回はトイレの選び方について解説していきます!

あなた

そもそもトイレってどんな種類があるんだろう?

水漏れや故障で急にリフォームが必要になる事が多いトイレですが、慌ててリフォームをすると後悔しやすい場所でもあります。

特にトイレの種類を気にせずに購入してしまうと、後でトラブルの時に余計な出費になりますので、しっかりと特徴を把握してから購入するようにして下さい。

トイレ選びの前提

しょうへい

トイレのリフォーム希望のお客様宅に伺うと、かなりの確率で下記の要望を言われます。

  • 掃除がラクなのにしてほしい
  • 汚れにくいのにしてほしい
  • 水を使わない節水タイプにしてほしい

結論から言うと、今のトイレは上記の3つをほぼ満たしています。

昔のトイレに比べてフチの少ない構造ですし、汚れも付きにくい工夫がされていますし、流す時に使う水は昔の半分以下です

しょうへい

ここら辺は深く考えずに選んで大丈夫ですよ!

しかし、これから解説するトイレの種類だけはよく考えて決めるようにして下さい!

※フチなしトイレは掃除がしやすいですが、便座裏が汚れやすいというデメリットがありますので注意して下さい。下記記事で解説しています。

フチなしトイレのデメリットを現役リフォーム営業マンが解説!

フチなしトイレのデメリットを元リフォーム営業マンが解説!

一体型トイレの特徴

まずは一体型トイレについて解説します!

なぜ『一体型』なのかと言うと、このタイプは便器と便座、そしてタンクまでが一体で繋がっている構造になっています。

ですので継ぎ目が少なく、掃除がしやすいというメリットがあります。

TOTO GG800
リクシル アステオ
しょうへい

一体型は手洗いがオシャレなものが多いですね!

しかし、この一体型トイレは評判がよくありません。

以前は掃除がしやすいと好評でしたが、現在はこれから紹介する組み合わせトイレも継ぎ目を極力なくし、掃除がしやすいように設計されているのでメリットが薄れてしまっています。

そして最大の欠点は、便器と便座が一体なので、故障時に便座だけの交換ができません。

しょうへい

便器が壊れるという事はほぼないですが、便座の方は年数が経つと水漏れなどのトラブルも起こります

一体型のトイレは故障時に便器・便座・タンクと全て交換しければいけません。

メーカー保証が1~2年なので、最悪の場合は3年で全とっかえという事も起こりえます。

しょうへい

現在は一体型はあまり人気がなく、営業マンとしてもこちらから提案する事はほぼないです。

組み合わせトイレの特徴

続いては組み合わせ型のトイレです!

しょうへい

現在もっとも多いのがこの組み合わせ型トイレで、これを選んでおけばまず間違いはないです!

便器・便座・タンクを組み合わせているので、どこかが故障したらそこだけを交換すれば大丈夫です!

しょうへい

便座だけを安く買うならホームセンターなどでも購入できます!

TOTO ピュアレストEX
リクシル アメージュZ

組み合わせ型の便座は種類が豊富なため、自分に必要な機能だけを選ぶことができます。

たとえばウォシュレットだけあれば十分という人はシンプルな便座を選べば良いですし、フタが自動で開く自動開閉や、風で乾かしてくれる乾燥機能付いた物まで選べます。

トイレの自動開閉って必要? 仕組みとデメリットを徹底解説!

トイレの自動開閉って必要?仕組みやデメリットを徹底解説!

ウォシュレットの瞬間式と貯湯式の違いって?

ウォシュレットの瞬間式と給湯式の違いって?電気代や欠点を解説!

しょうへい

各メーカーから色々な便座の種類があるので、自分に合うものを選びましょう。

昔は便器と便座の継ぎ目が多く掃除がしづらいのが欠点でしたが、最近の組み合わせ型トイレは掃除がしやすい工夫がされているので、欠点の無いトイレといえます。

しょへい

リフォーム営業マンとしても、これを選んでおけば間違いないというトイレの種類です。

タンクレストイレの特徴

最後はタンクレストイレです。

しょうへい

CMでもよく見かけますが、トイレの種類の中では最新のタイプになります!

名前の通り、タンクをなくしているので見た目がスマートで、掃除もかなり簡単です。

TOTO ネオレスト
パナソニック アラウーノ

機能面でも最新の機能はタンクレストイレに付いているので、利便性を求めるならタンクレストイレが1番です!

しょうへい

しかし、タンクレストイレは設置できない家もあるので注意です!

今までのトイレはタンクに水を貯めて流していましたが、タンクレストイレは給水管から水を直接便器に流します。

その仕組みのせいで、給水管からの水圧が弱い住宅は汚物が1回で流れないなどのトラブルが起こります。

タンクレストイレの仕組み ・デメリットを徹底解説!

タンクレストイレの仕組みとデメリットを元リフォーム営業マンが解説!

また、ここまで紹介した種類の中でタンクレストイレがもっとも高いです!

しょうへい

便利な機能が付いているのでしょうがないですが、なるべく安くトイレリフォームをしたいという人には向いていません。

※タンクレストイレの中でもパナソニックのアラウーノは価格も安くオススメです!

しょうへい

大好評の泡洗浄機能もあるので、気になる人は下記記事を参考にして下さい。

アラウーノの評判を元営業マンが暴露!機種ごとの違いも総まとめ!

アラウーノの評判を元営業マンが暴露!機種ごとの違いも総まとめ

※ちなみにタンクレストイレの1番人気はTOTOのネオレストです。下記記事にて詳しく解説しています。

ネオレストの評判や機能を元リフォーム営業マンが徹底解説!

ネオレストの評判や機能を元リフォーム営業マンが徹底解説!

トイレと一緒に壁や床のリフォームも必要?

トイレのリフォーム時に一緒に考えたいのが壁紙や床材の交換です。

特に床材は、今までのトイレよりも小さいものに交換すると、汚れが目立ってしまいます。

しょうへい

トイレの床材選びに関しては下記記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にして下さい。

トイレの床色選びは難しい! 元リフォーム営業マンがアドバイス!

トイレの床色選びは難しい!元リフォーム営業マンがアドバイス

トイレの床材はどれにする? それぞれのメリットとお手入れ方法

トイレの床材はどれにする?それぞれのメリットとお手入れ方法

トイレリフォームを頼むならどこがおすすめ?

トイレの交換のみの場合でも、必ず複数のリフォーム会社から見積もりを取るようにしましょう!

しょうへい

たとえ同じトイレを選んだとしても、リフォーム会社によって金額が変わります!

リフォーム会社の見積もりを比べたい場合は、一括見積もりサイトを利用するのがオススメです!

しょうへい

特にオススメなのがリショップナビという一括見積もりサイトです!

無料で最大5社の見積もりが比較でき、リフォーム会社へのお断り代行までしてくれます!

元リフォーム営業マンとしても絶対にオススメなので、ぜひ利用してみて下さい!

リショップナビの評判を加盟業者が暴露!驚くべき料金体系とは?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー