タンクレストイレの仕組みとデメリットを元リフォーム営業マンが解説!

タンクレストイレの仕組み ・デメリットを徹底解説!




しょうへい

こんにちは、元リフォーム営業マンのしょうへいです。

今回はタンクレストイレの仕組みとデメリットについてまとめました!

あなた

タンクレストイレってどんな仕組みなんだろう?

デメリットってあるのかな?

上記の疑問はこの記事で解決します!

これからタンクレストイレを購入予定の人や検討して悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

タンクレストイレの仕組みとは?

タンクありの場合の洗浄方法

しょうへい

先に従来のタンク付きの洗浄方法を説明します。

タンク付きの場合は、便器の後ろ側に水を貯めておくタンクが手洗いの役割も兼ねています。※手洗い無しの場合もあり。

洗浄時の流れとしては

① 洗浄レバーor洗浄ボタンで水を流す

②タンクに貯まっていた水が便器に流れ込む

③その水で汚物を排水管に流す

④同時に給水管からタンクに水を貯める(この水が手洗いの水になる)

この一連の流れをおこないます。

常にタンクの中に水が貯まっている状態なので、水が断水しても1回は水を流せますし、万が一の時はタンクの中の水を汲みだして他の場所で使う事もできます。

しょうへい

手を洗った水がタンクの中に貯まっているんだね!

タンクレストイレの場合

タンクレストイレの場合は商品名の通り水を貯めておくタンクがありません。

ですので洗浄の流れとしては

①洗浄ボタンで水を流す

②給水管から直接便器本体に水を流れる

③その水が汚物を排水管に流す

上記のようになります。

※写真の場合は便器の裏で給水管と繋がっているので見えません

上記の画像でも分かるようにタンクレストイレの場合はタンクが無い分、見た目がスタイリッシュになっており、掃除もしやすいです。

しょうへい

しかしタンクレストイレのデメリットもあるので、取り付ける前にしっかりと検討しましょう

タンクレストイレのデメリット

手洗いが無い

タンクがないので手洗いが付いていません。

そもそも手洗いを必要としない場合(洗面所が近くにあるなど)は問題ないですが、来客の際なども考慮しておく必要があります。

手洗いが必要でタンクレスを付けたい場合は、トイレ空間内に別で手洗いを設ける必要があります。

しょうへい

トイレ空間のスペースが狭い場合は窮屈になる事もあるのでなるべく小さめの手洗いを付けるようにしましょう。

水圧が弱いと流れが悪い事もある

タンクレストイレは給水管からの水をそのまま便器に流します。

この給水管からの水が弱い(水圧が弱い)と水の流れが悪く、汚物が流れ切らなくなるケースがあります。

しょうへい

特に築年数の古い家や、マンションの高層階に住んでいる人は要注意です

タンクレストイレの種類によっては、水圧が弱くても付けられるタイプもありますが少々高めです。

しょうへい

リフォーム会社に言えば水圧を測ってくれるので、不安な人は事前に水圧を測ってもらうようにしましょう

便座だけの交換ができない事も

組み合わせ型トイレの場合は、便座が壊れた時には便座だけを取り外して交換ができます。

しかしタンクレストイレの場合は便座と便器が一体となっており、便座が壊れたら便器ごと交換が必要なものがあります。※一部機種では便座のみの交換も可能です。

しょうへい

故障時のコストが高くなるので、その辺も考えておきましょう。

※トイレの選び方については下記記事を参考にして下さい。

意外と知らないトイレの種類!そのメリット・デメリットと比べ方

意外と知らないトイレの種類!そのメリット・デメリットと選び方

災害時に不便

タンクありの場合は常にタンクに水が溜まっているので、仮に断水となっても1回は通常通りに使えます。

しょうへい

非常時にはタンク内の水を汲み出して別の用途でも使えます。

しかしタンクレストイレの場合は水を貯めておく所が無いため、断水=使用不可となります。

※もし近くに水を汲める所があればバケツに水を汲みトイレ内に流せば使えます。

停電時は?

タンクレストイレは電気の力で水を流すので停電時は使えない、、、と思われていますが、実際には使えます。

しょうへい

トイレの種類によって、乾電池で流せるものもあれば紐を引っ張って流せる機種もあります。

停電時に困らないように、事前に停電時の使い方を予習しておきましょう。

タンクレストイレの停電時の対処法!〜停電でも水は流せます〜

タンクレストイレはおすすめ?

故障時のコストは少々高めですが、オシャレさや掃除のしやすさは圧倒的にタンクレストイレが勝っています。

しょうへい

これからトイレの交換を考えている人は、予算に余裕があればタンクレストイレをオススメしますよ!

トイレのリフォームをするなら

トイレの工事はリフォームの中でも少額な部類ですが、それでも必ず複数の会社で見積もりを取るようにしましょう。

しょうへい

同じトイレを選んだとしても、リフォーム会社によって金額は違いますよ!

複数の会社で見積もりを取るなら、一括見積もりサイトを利用するのがオススメです!

しょうへい

一括見積もりサイトの中でも特にオススメなのがリショップナビです!

無料で複数の見積もりが取れ、お断り代行までしてくれます!

元リフォーム営業マンとしても絶対にオススメなので、ぜひ利用してみて下さい!

リショップナビの評判を加盟業者が暴露!驚くべき料金体系とは?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー