トイレの自動開閉って必要?仕組みやデメリットを徹底解説!

トイレの自動開閉って必要? 仕組みとデメリットを徹底解説!




しょうへい

こんにちは、元リフォーム営業マンのしょうへいです。

今回はトイレの自動開閉について解説してきます。

便座の上級グレードに付いている自動開閉機能。友人のお家やコンビニなどで初めて目にした時はビックリしたと思います。

そんなトイレの自動開閉ですが、実際に取り付けた人に話を聞くとデメリットもたくさんある事に気づきます。

今回はトイレの自動開閉機能のメリット・デメリット、そして各メーカーの開閉機能の違いについて徹底解説していきます!

自動開閉機能の金額

トイレの自動開閉は、便座の中でも上級グレードに付いている事が多いです。

自動開閉が付いている便座と、その1つ下のグレードの便座を比較すると平均で3~4万円程度違います。

しょうへい

つまり自動開閉の機能を付けたい場合は、トイレの交換費用が3~4万円上がると思っておきましょう。

トイレの自動開閉の仕組み

トイレの自動開閉は、人間の熱と動きを感知しています。

しょうへい

ざっくり言うと、熱を帯びたもの(人間)がセンサー状を通ると便座が開閉する仕組みです。

昔の自動開閉トイレは赤外線用の小窓みないなものがついていましたが、現在の便座には見た目の問題で隠すようにしています。

自動開閉に誤作動が起こる原因

自動開閉のトラブルの1つに、誤作動が起こりやすいという事が挙げられます。

しょうへい

勝手にパカパカしてしまうやつですね。

原因として、熱を感知する仕組みのためトイレ室内に暖房器具があったり、真夏の時期に室内が30℃以上になると誤作動しやすくなります。

また、トイレの窓から光が差し込み、便座のセンサー部分に光が当たると誤作動の原因となります。

しょうへい

このように自動開閉には改善の余地がありますが、慣れてしまうと手放せないという人が多いのも事実です。

自動開閉のメリット

フタや便座に触れないので衛生的

トイレの便器やフタには想像以上に菌が付着しています。

自動開閉なら手でフタを開く必要がないので、菌が付着する心配がありません。

しょうへい

実際に付けた人からは、自宅が自動開閉だからお店のトイレのフタにさわれなくなったという人もいます笑

便座のフタだけでなく、便座部分も自動開閉と連動させて開くことができます。(主に男性専用)

各メーカーによって設定方法があるので、取扱説明書で確認して下さい

腰への負担が少ない

便座の開閉は少し屈む姿勢になるので、腰に負担が掛かります。

普通の時はなんとも無い動作ですが、腰を痛めている時などには自動開閉は助かります。

しょうへい

高齢者の方にも優しい機能ですね。

流す手間が減る

自動開閉の機能が付いていれば、必ず自動洗浄の機能も付いています。

立ち上がると勝手に洗浄してくれるので自分で流す必要がなくなります。

通常の流れは

①トイレ室内に入る
②フタを開ける
③用を足す
④流す
⑤フタを閉める
⑥立ち去る

ですが、自動洗浄だと

①トイレ室内に入る
②用を足す
③立ち去る

に変わります。

デメリット

手間が減って衛生的でもある自動開閉ですが、デメリットもあります。

しょうへい

すぐに取り付ける前に、しっかりとデメリットを理解して下さい。

流さない癖が付く

メリットの裏返しですが、自動洗浄の機能に慣れてしまうと自分で流し忘れてしまう人が多いです。

特にお子さんなどは自宅のトイレが自動洗浄だと、学校や公共施設のトイレを流し忘れて出てきてしまう事があります。

しょうへい

思わぬ所で恥をかくので、気をつけなければなりません。

掃除の時に面倒

自動開閉のトイレを掃除する時は、開閉機能をOFFにするか電源を抜く必要があります。

機能をONの状態で掃除をしていると、一定のタイミングで便座が下がってきてしまい掃除の邪魔になります。

※後述しますが、便座が降りてきた時に手で抑えるのは故障の原因になるので絶対にNGです!

壊れやすい

自動開閉は壊れやすい機能として有名です。

しょうへい

ただし、メーカーの肩を持つ訳ではないですがほとんどの人が間違った使い方をしているせいでもあります。

ちなみに自動開閉が壊れた場合は、15.000円~30.000円程度の修理費が掛かります。

自動開閉の便座が壊れる原因

自動開閉の便座で絶対にやってはいけない事は、手動で便座を開け閉めする事です。※機能をOFFにしたり電源を抜いていれば問題ありません。

手動で開け締めをしてしまうと、自動開閉を支えているギアに負荷がかかり故障の原因となります。

あなた自身はやらないかもしれませんが、子供や来客の人などは自動開閉の仕組みを知らずに手で開け締めをするかもしれません。

しょうへい

お店やホテルの自動開閉のトイレも、手動で開け閉めしてはいけませんよ!

メーカー毎の自動開閉の違い

各メーカーの主要トイレ別に、自動開閉と自動洗浄の特徴をまとめました。

機種洗浄時離脱時
TOTO
ネオレストAH/RH
立ち上がって10秒後に洗浄
(5または15秒後に変更可)
着座時間から大小を判別して洗浄
立ち上がって90秒後にフタが閉まる
(25秒後に変更可)
リクシル
サティスS/G
立ち上がって6秒後に洗浄
(2.10.15秒後に変更可)
着座時間から大小を判別して洗浄
立ち上がって1分後にフタが閉まる
パナソニック
アラウーノL150
立ち上がってから10秒後に洗浄
(5または15秒後に変更可)
着座時間から大小を判別して洗浄
立ち上がって3分後にフタが閉まる

しょうへい

トイレ選びの参考にして下さい。

自動開閉はおすすめ?

高齢の人や潔癖症の人にはオススメできます!

しかし便利そうだからという理由で悩んでいる人には、デメリットを伝えてあまり勧めないようにしていました。

しょうへい

取り付けたあとに、自動開閉の機能をOFFにしている人も多かったですね。

自分や家族の事も考え、どの機能が必要かをしっかりと考えるようにしましょう!

トイレのリフォームをするなら

トイレのリフォームをするなら、複数社で見積もりの比較をする事が重要です!

しょうへい

たとえ同じ便座でリフォームをお願いしても、リフォーム会社によって金額が大きく違うこともありますよ!

リフォームの見積もりを比較するなら、無料で手軽に見積もりが取れる一括見積もりサイトを利用するのがオススメです!

しょうへい

元リフォーム営業マンとしても絶対にオススメなサイトを厳選したので、ぜひ下記を参考にして下さい!

手数料に注意!リフォームの一括見積もりサイト11社を徹底比較!

【手数料に注意】リフォームの一括見積もりサイト11社を徹底比較!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です