フローリングを重ね張り(上張り)した時のメリット・デメリット




しょうへい

こんにちは、元リフォーム営業マンのしょうへいです

今回はフローリングのリフォームをしようと思った時に、張り替えるべきか?重ね張り(上張り)にすべきか?について解説します!

それぞれの予算メリット・デメリット、重ね張りでドアが開かなくなってしまう場合の対処法もまとめましたので、ぜひ参考にして下さい

フローリングのリフォームは2種類

フローリングをリフォームするには2通りの方法があります。

  • 重ね張り(上張り)
  • 張り替え

の2通りです。

翔平

単純に金額だけの話だけだと、重ね張りの方が安いです

重ね張りの金額の目安

フローリングは安いものなら1ケース(3.3㎡)あたり4.000円〜5.000円程度です。

仮に6畳(9.9㎡)の部屋を重ね張りすると、大工さんに1日働いてもらいます。

翔平

大工さんの金額は地域差などもありますが1日2万5千円前後です

フローリング3ケース【15.000円】+大工さんの1日【25.000円】=4万円が原価となり、これにリフォーム会社の利益を載せた金額がお客様が払う金額となります。

張り替えの金額の目安

張り替えの場合は、重ね張りの金額にフローリングを剥がす手間ゴミ代が加算されます。

フローリングを剥がす作業は手間が掛かります。以前の仕上げ方次第で剥がす手間が変わるので、丸1日掛かると思っておきましょう。

フローリングを剥がすのに1日【25.000円】+ゴミ代【5.000円】+フローリング代【15.000円】+大工さんの1日【25.000円】=7万円が原価となります。

翔平

6畳のお部屋でも、原価が倍くらい違うことが分かります

※職人の人件費などについては下記記事でまとめています。

リフォームの人件費を計算する裏技! 元リフォーム営業マンが教えます

リフォームの人件費を考える裏ワザ!元リフォーム営業マンが教えます

どちらを選ぶべきか?

傷や汚れが気になってリフォームをしたいと思った場合は重ね張り(上張り)で十分です!

翔平

今はフローリングリフォームの8割は重ね張りです

逆に張り替えをした方が良いケースは、今の床がブカブカになってしまっている場合や床に傾斜があり斜めになってしまっているケースです!

翔平

上記の場合は重ね張りではなく、張り替えをオススメします

重ね張り(上張り)のメリット・デメリット

【メリット】 防音・断熱性能が上がる

今までの床の上にフローリングを重ねるので、簡単にいえばフローリングの2重構造になります。

防音性能が上がり、2階の場合でしたら階下への音の響きも少なくなります。

翔平

1階の場合は、床下からの底冷えもある程度改善できます

【デメリット】 床の高さが上がってしまう

重ね張りの時に1番気をつけたいのは、床の高さが上がってしまう事です。

『なんだ、そんな事か・・・』と思った方は要注意!床の高さが上がってしまうと、ドアの開閉が上手くいかない事があります。

フローリングのリフォームをしたい部屋のドアを確認してみて下さい。

翔平

上記の写真のように、ドアの下側がスレスレになっていませんか?

通常のフローリングは厚さ12mmのものが一般的です!

この12mm以上の隙間がドア下にないと、重ね張りした時にドアが開かなくなってしまいます。

ドア下の隙間の解決方法

もしもドア下に12mm隙間がない場合は

  • ドアごと交換する
  • ドアの下の部分を加工(カット)する
  • 重ね張りのフローリングを薄いものにする

以上の3つの解決方法があります。

ドアごと交換する

フローリングを張り替えるついでにドアも交換してしまえば、新しい床の高さに合わせたドアになります。

今までのドア・床の色が変わるので、色のバランスなども考える必要があります。

ドアの下を加工(カット)する

ドア下の加工は、大工さんや建具屋さんがやってくれます。

しかしドアの材質により、切るとささくれてしまう物もあるので注意して下さい。

フローリングを薄いものにする

通常のフローリングは厚さ12mmとお伝えしましたが、リフォーム用で厚さ6mmのものや、もっと薄い1.5mmのフローリングなどもあります。

しかし現在のフローリングの状態などによっては、重ねて張れない事もあるので必ずリフォーム会社に相談するようにしましょう。

張り替えのメリット・デメリット

【メリット】 床や床下の異常が分かる

戸建てでフローリングを張り替える場合は床下が見れます。

普段あまり見ることがないので、シロアリ被害や地盤沈下などに気づく事もできます。

翔平

床がブカブカしていたりすると、このシロアリとか地盤沈下が起きている事があります。

【デメリット】部屋によって手間が掛かる

フローリングを張り替える場合は荷物の移動が必要です。

またキッチンや洗面所などの場合は、それらを取り外ししなければならないので、脱着費用も掛かります。

翔平

大工さん以外にも設備屋さんが必要になったり、外した機器をどこに置いておくかなど手間が増えます

【デメリット】 時間が掛かる

重ね張りの場合なら6畳・8畳程度なら1日で終わります。

しかし張り替えの場合は2日、もし他の異常などがあればもっと掛かってしまう恐れもあります。

翔平

普段使っている部屋の場合は、使えない期間が増えるので注意しましょう

フローリングのリフォームをするなら

フローリングの張り替え・重ね張りのリフォームをするなら、知り合いの大工さんに頼むのが1番安く仕上がります。

しかし、オシャレなフローリングやドアにしたい場合は大工さんでは限界があるので、ちゃんとしたリフォーム会社にお願いするようにしましょう。

翔平

必ず複数のリフォーム会社から見積もりを取り、相見積もりをするようにして下さい

複数のリフォーム会社から見積もりを取るなら、リショップナビがオススメです!

無料で最大5社から見積もりが取れ、断る場合のお断り代行もしてくれます。

翔平

元リフォーム営業マンとして自信を持ってオススメできるので、ぜひ登録してみて下さい

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー