一つの部屋を二つに分ける方法!画像付きで4パターン紹介




しょうへい

こんにちは、元リフォーム営業マンのしょうへいです!

今回は年末や年度末になると依頼が増える一つの部屋を二つに分ける方法についてまとめました。

お子さんの成長に合わせて部屋を別々にしたり、何らかの事情で2部屋必要になったりする事も多いですよね。

しょうへい

部屋を分けるといっても、壁を作るだけではなく色々な方法がありますので、今までの経験に基づいてメリット・デメリットもご紹介します

部屋を分ける時に考えて欲しいのは、分けた部屋を元に戻す可能性があるかどうか?です。

その後の生活も見据え、いずれ部屋を1部屋に戻す時の事も考えてプランを練ると良いでしょう!

背の高い家具を置く

初めに紹介する方法は背の高い家具を置くという方法です。

この場合のメリットとしては

  • 仕切りの部分も有効活用できる
  • 撤去・処分・復元がラク

という2点です

しょうへい

よく使われるのは背の高いタンスや本棚を部屋の中央に配置し、擬似的に壁のようにする方法です。

タンスなら洋服や物を収納できるスペースとしても使えますし、本棚なら本を収納できるスペースとしても活用出来ます。

この方法の1番のメリットは、部屋を戻す場合に簡単にできるなので

  • すぐに戻す可能性がある
  • 試しに部屋を分けてみたい

という人にはピッタリの方法です。

しかし、壁のように隙間なく置けるものは少ないですし、選ぶものによって部屋の雰囲気が暗くなる恐れもあります。

しょうへい

防音やプライバシー重視の人には向いていない方法です

アコーディオンドア

次に紹介する方法はアコーディオンドア(カーテン)です。

こちらの方法は壁から壁までのサイズを測っておけばピッタリと分けられますし、天井部分も隙間なく取り付けできます。

また、いつでも開け閉め出来るので急に一部屋として使いたい場面が出来た時には非常に便利です。

この方法のデメリットは

  • 防音性が低い
  • プライバシーが守れない
  • 取り付け時に壁や天井が傷つく

などがあります。

しょうへい

頻繁に1部屋に戻すのであれば便利ですが、2部屋状態の時の防音は低く、プライバシーの観点はあまり良いとはいえません。

間仕切り壁を作る

続いては、部屋の中に壁を作る方法です。

しょうへい

本格的なリフォームになりますが、防音性やプライバシーを考えるならば1番良い方法です

分けた部屋を行き来するのであれば壁と一緒にドアをつけるようにしましょう。鍵付きのドアにもできるので、必要に応じて使い分けます。

デメリットは費用です。

今のお部屋のクロスや床のフローリングも交換が必要な事もありますので、壁を作る以外の費用も掛かってきます。

また、元に戻したくなった時にはリフォーム会社や解体屋を呼んで壊さなければなりません。

壊した後も再びクロスの張り替えやフローリングの補修も出ますので、そこまでを計算に入れて検討するようにしましょう。

しょうへい

ちなみに今のお部屋のクロスが汚れているならば、新しく作った壁面だけアクセントクロスを貼る方法もあります


しょうへい

同じ白系のクロスを貼ると汚れているクロスが悪目立ちするので、思い切って色を変えてみるのも良いでしょう。

間仕切りドアを付ける

最後に間仕切りドアを取り付ける方法です。

アコーディオンドアと壁の中間のようなイメージで、使わない時には全開にしておき、分けたい時には締めて鍵を掛ける事もできます。

しょうへい

各メーカーから色々なデザインが出ているので、オシャレなものもたくさんあります

デメリットは費用です。

新しく壁を作よりも費用は高くなります。

また、取り付ける時に今の壁を少し壊したりするので、周辺のクロスの張り替えも検討しなければいけません。

しょうへい

1部屋として使う可能性もあるけど、分けている時はしっかりと仕切りたいという人にはこの方法が良いです

コンセントや照明の配置

部屋を分ける時にもう一つ重要なのが、コンセントや照明の配置方法です。

もともと1つの部屋として出来上がっていた場合、照明が中央に配置されていたりコンセント最低限しか無いはずです。

しょうへい

お部屋の使い方を考えた時に問題無ければ良いですが、ほとんどの場合は照明やコンセントの配置換えもおこないます

コンセントや照明は壁の中にケーブルが埋まっており、新しく取り付けたい場所までケーブルが通せれば問題なく移動できます。

しかし、マンションの場合だと躯体(マンション本体の部分)が邪魔してケーブルを通せない事もあります。この場合は新たに壁を組み直す必要があるので、大変です。

しょうへい

火災報知器やテレビのジャックも合わせて検討しましょう。

この辺の判断は素人の方には難しいので、希望の位置だけを考えてあとはリフォーム会社に相談するようにしましょう

部屋を分ける時の考え方

部屋を分ける時には、どんな家具を置く可能性があるのかも考えておきましょう。

しょうへい

とにかく部屋を真っ二つに分け、あとで家具が入らなかったなんてケースもあります

できれば配置する家具の寸法も測っておき、それに応じて部屋の広さのバランスも決めるようにすると良いです。

部屋を分けるのは結構難しい

ここまで部屋を分ける方法を画像と共に紹介しました。

実は部屋を分けるリフォームというのは想像以上に考える事が多く、素人のが考えたプラン通りには進まない事がほとんどです。

しょうへい

家の構造によって出来る事と出来ない事があるので、早めにリフォーム会社に相談した方が良いアイデアをもらえますよ

部屋を分けるリフォームの場合は、1社だけのアイデアよりも2.3社からの提案を受けたほうが良いです。

もしお付き合いのあるリフォーム会社がないという人は、リフォーム一括見積もりサイトを利用するのが便利ですよ

しょうへい

相談・見積もりが無料で、複数のリフォーム会社に相談できます。

元リフォーム営業マンの僕が超オススメな2社を厳選したので下記を参考にして下さい。

リフォーム一括見積もりサイトを徹底比較!営業マンのおすすめ4選!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー