一つの部屋を二つに分ける方法!画像付きで4パターン紹介

一つの部屋を二つに分ける方法 画像付きで4パターン紹介




あなた

部屋を2つに分けたいけどどんな方法があるんだろう?

気を付けた方が良い事はあるのかな?

子供の成長やライフスタイルの変化で、元々の部屋を2つに分けるリフォーム工事も需要が高いです。

部屋を分けるにはどんな方法があるのか気になりますよね。

しょうへい

リフォーム営業マンのしょうへいです。

これまでのリフォーム工事の経験から、1つの部屋を2つに分ける方法を4パターン紹介します!

この記事を読めば部屋を2つに分ける方法やその際に気を付けるべき注意点について知ることができるので、ぜひ参考にして下さい!

1つの部屋を2つに分ける方法

背の高い家具を置く

初めに紹介する方法は背の高い家具を置くという方法です。

通販サイトや家具屋さんで購入し置くだけなので簡単に部屋を分ける事ができます。

しょうへい

よく使われるのは背の高いタンスや本棚を部屋の中央に配置し、擬似的に壁のようにする方法です。

収納部を有効に使う事もできますし、部屋を戻したくなったら家具を撤去するだけなので簡単に以前の状態に戻すこともできます。

すぐに部屋を戻す可能性がある人にはお試しとしても良いですが、完全に部屋を分けられるようなぴったりのサイズを選ぶのが難しいです。

また、隙間が空いてしまえば防音性やプライバシーも低くなってしまいます。

しょうへい

選ぶものによっては圧迫感があり、部屋が狭く感じてしまうのもデメリットの一つですね。

アコーディオンドア

次に紹介する方法はアコーディオンドア(カーテン)を設置する方法です。

特殊な寸法でなければ、壁から壁までをぴったりと区切る事ができ、いつでも開け閉めできるので急に1部屋として使いたい時にも便利です。

しょうへい

色や柄もたくさんの種類から選べますよ。

ただし防音性やプライバシーに関しては低いので、しっかりと2部屋に分けたいという人には向いていません。

また、壁に設置する時にビスや粘着テープを使うので、取り外すときには壁に跡が残る可能性があります。

間仕切り壁を作る

ヨシダクラフト様

続いては、部屋の中に本格的な間仕切り壁(まじきりかべ)を作る方法です。

必要に応じて鍵付きのドアなども設置でき、壁の中に断熱材などを入れれば防音効果も高まります。

しょうへい

いわゆる本格的なリフォームになりますが、防音性やプライバシーを考えるならば1番良い方法です

井上建装様

デメリットは綺麗に仕上げるならばフローリングの張り替えやクロスの張り替えも必要なので、費用が高くなる事です、

また、1部屋に戻す時にもフローリングやクロスの補修が出るので、気軽に元に戻す事はできません。

しょうへい

もう元に戻すことは無い!というならオススメしたいですね。

現在の部屋のクロスが白系統なら、新しく作った壁に白いクロスを貼ると綺麗すぎて悪目立ちしてしまいます。

新しく作った壁にはアクセントクロスを貼るのがオススメですよ。

しょうへい

同じ白系のクロスを貼ると汚れているクロスが悪目立ちするので、思い切って色を変えてみるのも良いでしょう。

間仕切りドアを付ける

最後は間仕切りドアを取り付ける方法です。

見た目的にもオシャレに仕上がり、分ける必要の無い時にはドアを開けて1部屋にしておく事もできます。

しょうへい

鍵付きのタイプやオシャレな柄の入ったものなど、様々なタイプが出ていますよ!

デメリットは商品代や工事費用が高くなってしまう事です。

取り付ける時には壁やクロスを剥がしたり、取り外す時にもクロスを張り替える必要がでてくるので気軽に元に戻す事はできません。

しょうへい

キレイに仕上げたい、時々1つの部屋としても使いたいという人にはピッタリの方法です!

コンセントや照明の配置

部屋を2つに分ける時に重要なので、コンセントや照明の配置です。

元々1つの部屋だったという事は、照明は部屋の中央に、コンセントは最低限の箇所しか設置されていないはずです。

しょうへい

2つに分けた時の使用方法を考え、必要であれば照明やコンセントを増やしてあげる必要があります。

コンセントを増やすには壁の中の配線を新しく取り付けたい場所まで移動させてあげますが、マンションだと躯体が邪魔で取り付けたい位置に配線できない事があります。

その場合は新しく壁を組みなおす必要があるので、余計な費用が掛かってしまう恐れがあります。

しょうへい

この辺の判断は素人の人には難しいので、リフォーム会社に見てもらうのが良いですよ!

希望の位置があればそれも伝えるようにしましょう!

部屋を分ける位置に注意

部屋を分ける時には、安易にど真ん中で分けるような事はオススメしません。

分けた後にどんな家具を置くのかを考え、しっかりと家具の採寸をするようにしましょう。

しょうへい

数センチの差で家具は入らないなんて事になったら大変ですよ!

プラン相談はリフォーム会社へ

ここまで部屋を分ける方法を画像と共に紹介してきました。

実は部屋を分けるリフォームというのは想像以上に考えなければならない事が多く、プラン通りには進まない事が多いです。

しょうへい

自分たちだけで考えず、リフォーム会社からも意見をもらった方が実現可能なプランに仕上がります

リフォーム工事は同じ工事内容でもリフォーム会社によって金額が違うので、必ず複数の会社から見積もりを取るようにしましょう。

これから見積もりを取るならリフォームの一括見積もりサイトを利用するのがオススメです。無料で複数の見積もりが取れ、リフォーム会社へのお断りの代行までしくれます!

しょうへい

サイト選びを間違えると手数料が高いので注意が必要です!

下記で手数料の安い一括見積もりサイトをまとめたので、ぜひ参考にして下さい!

手数料に注意!リフォームの一括見積もりサイト11社を徹底比較!

【手数料に注意】リフォームの一括見積もりサイト11社を徹底比較!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です