リフォームのゴミ処分費に関する疑問に元リフォーム営業マンが答えます。




しょうへい

こんにちは、元リフォーム営業マンのしょうへいです。

今回はリフォームのゴミ処分費について、よくある質問にお答えしていきます。

  • ゴミ処分費ってなんで必要なの?
  • ゴミ処分費ってどうやって計算してるの?
  • ゴミ処分費は節約できる?

そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ参考にして下さい!

リフォームのゴミ処分費って必要?

リフォーム工事で排出されたゴミは一般的な家庭ゴミとは違い産業廃棄物という扱いになります。

地域のゴミ置き場に置けば良いという訳ではなく、きちんとした産業廃棄物処理業者に持っていかなければなりません。

もしもリフォーム会社がゴミを不法投棄した場合には、最大3億円以下の罰金と非常に重い処罰となります。

こうした処罰を受けぬよう、リフォーム会社はきちんとゴミを処分しましたよという証のマニフェスト伝票(産廃業者に捨てると貰えるもの)を会社で管理しています。

しょうへい

リフォーム会社では、○○様のゴミはここに捨てましたよ!とすぐに分かるようになっています。

見積もりのゴミ処分費はどうやって出している?

リフォームの見積もりを取ったことがある人はご存知かと思いますが、見積書には『ゴミ処分費』『残材処分費』などのゴミ処分に掛かる費用がすでに含まれています

あなた

まだゴミを捨ててないのにどうやって計算しているんだろう?

という疑問もあると思いますが、単純に目分量で計算しています。

ある程度経験を積めば、現場を見てどれくらいのゴミの量になりそうか分かります。

このゴミ処分費という項目は少しぐらい計算が外れても全体の金額から見れば小さいのであまり問題ないです。

しょうへい

リフォームの営業マンは現場調査の時に大体のゴミ量を計算しています。

ゴミ処分費の計算方法って?

ゴミの量の単位は『』(リューベ)という単位がよく使われます。

1mの3乗なので、『縦1m横1m高さ1m』の正方形のゴミを捨てた場合は1㎥となります。

しかし、ゴミ処分の面白い所はなるべく圧縮して捨てると節約になるという点です。

先程の縦横高さ1mの空き箱を捨てた場合は1㎥の金額が掛かりますが、キチンと箱を壊してより小さくして捨てた場合は0.2㎥程度になります。

しょうへい

なので、リフォーム会社は解体時のゴミはなるべく小さく圧縮して捨てるように指導されます。

また、ゴミを種類ごとに分別することも重要です。

材木ガラ石膏ボードなどは1つの袋で混ぜてしまうと処分費が高くなってしまします。

解体工事を見ていてしっかりと袋ごとにゴミを分別していれば、費用削減の為に頑張っている会社です。

しょうへい

解体時にごみを分別しながら捨てるのは神経使うので大変です。

ゴミ処分費の目安は?

産業廃棄物のゴミ処分費は、ゴミの種類によって違います。ですので、一概に1㎥〇〇円という出し方は難しいです。

しかし大体のリフォーム会社ではゴミ処分費を1㎥あたり25.000円~35.000円程度で設定していると思います。

しょうへい

ゴミ処分費の他に、運搬費用や利益も乗せると大体それぐらいになります。

※アスベストなどが含まれるゴミは特殊なので高額になります。

ゴミ処分費が高いからといって悪い業者という訳ではないので、なぜゴミ処分費が高いのかを聞いてみると良いでしょう。

あなたが取っておくつもりでも、リフォーム会社が勝手にゴミとしてカウントしている可能性があります。

リフォームの時に一緒にゴミを持っていってもらえる?

基本的には家庭で処分に困る大きなゴミなども、リフォーム時に一緒に捨ててくれます。

注意したいのは、事前にどれくらいの大きさのゴミを捨てたいのかを伝えておくことです。

リフォームの工事当日に『これも一緒に捨ててもらえる?』と聞けば持っていってはくれると思いますが、大きさによっては追加料金が発生する事もあります。

しょうへい

なるべく現場調査の時に捨てたいものも伝え、それも含めた見積もりをもらうようにしましょう。

リフォームのゴミはお金の山?

実はリフォームのゴミの中でも、金属や銅などでできたものは買取業者に売れます。

特にエアコンや給湯器などは1.000円~2.000円で売れる事もあるので人気が高く、普段はゴミなんてもって行かない職人もエアコンや給湯器のゴミは積極的に持ち帰ります。

しょうへい

現場終わりに買取業者に売りに行くのは職人あるあるです笑

ゴミ処分費で業者の良し悪しは分かる?

ゴミ処分費があまりにも高すぎる場合には悪徳業者を疑った方が良いですが、ゴミ処分費は金額の違いが出にくい場所でもあります。

見積もりの金額を比べるならば、ゴミ処分費ではなく商品の代金などで比べた方がトラブルの少ないリフォームになります!

しょうへい

見積もりの商品代金の比べ方は下記記事を参考にして下さい

リフォーム見積もりの正しい比較方法【元リフォーム営業マンが解説】

リフォームの見積もりを取るなら

ゴミ処分費などの項目は、いくつかのリフォーム会社を比べてみないと違いが分かりません。

同じ量のゴミを捨てても処分費が大幅に違うというのは日常茶飯事です。

しょうへい

必ず複数のリフォーム会社で見積もりを取り、金額を比べるようにしましょう!

複数の見積もりを取りたい場合は一括見積もりサイトを利用するのが便利です!

しょうへい

一括見積もりサイトの中でも特にオススメなのがリショップナビです!

無料で複数の会社から見積もりが取れ、お断り代行までしてくれます!

元リフォーム営業マンとしても絶対にオススメなので、ぜひ利用してみて下さい!

リショップナビの評判を加盟業者が暴露!驚くべき料金体系とは?

  • 簡単1分登録
  • 登録後は待つだけでOK!

無料 リショップナビ公式

なるべく安くリフォームを済ませたい人にオススメです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です