リフォームの見積もりや工事中にお茶は出すべき?嬉しい物から迷惑なものまで4選




しょうへい

こんにちは、元リフォーム営業マンの翔平です。

今回はリフォーム時のお茶出しについてまとめました。

あなた

職人さんとかにお茶は出すべき?

結論から言うと、工事中のお茶などは全くなくてOKです!

しかし、在宅でリフォームをする場合は顔を合わせるので、何もしないのはちょっと気が引ける、、という人は、もらえると嬉しいものをまとめました。

しょうへい

なかには、もらっても迷惑になるものもありますので、ぜひ参考にして下さい

リフォーム時のお茶出しでもらって嬉しかったもの

ペットボトルの飲み物

ベタですが、ペットボトルで飲み物を貰えるのが一番うれしいです。

缶の飲み物だと、飲み口が作業で汚れてしまう恐れがあるので注意しましょう。

しょうへい

リフォーム現場はホコリやゴミがあるので汚れやすいです。

また、できれば常温になっても美味しいもの(お茶とか麦茶)などならば、帰りの時にも飲めたりするので最高です。

おしぼり

工事中は汗をかいたり汚れたりするので、おしぼりをもらうのも嬉しかったです。

しょうへい

特に真夏に冷えたおしぼりを渡されると最高でした

しかし当然おしぼりが汚れますので、新品のタオルなどは使わなくて大丈夫です。

新品だとかえって気を遣うので、捨てても良いようなものを使うようにしましょう。

危険!もらって困ったもの

手作りの食品(おにぎりなど)

心遣いは大変ありがたいです。

しかし手を使って食べるものなどは、工事中には避けたいです。

しょうへい

工事中は手も汚れますし、現場はホコリも舞うので不衛生です。

食べ物の場合は、個別梱包されたお菓子(せんべいなど)などがありがたいです。

アイス

夏場などは嬉しいのですが、早く食べなければいけないので工事がストップしてしまいます。

職人も自分のタイミングで休憩を取りたいので、早く休憩しなきゃと焦ってしまいます。

しょうへい

個人的にはアイス大好きです笑
しかし工事の差し入れとしては控えましょう

金品

昔は工事の終わりに心付けと言って少額を包む事もあったそうですが、今はそういう物をもらったりすると問題になる会社もあります。

もちろんお気持ちはありがたいですが、お金で渡すくらいならペットボトルのお茶などを出してあげた方が気持ちよく頂戴できます。

お茶出し時の注意点

お茶出しの時に、工事の進捗などを聞くのは良いですが、長々と話し込んでしまうのは辞めましょう。

しょうへい

本来終わる工事が終わらなくなってしまいます

リフォームは多数の職人が絡むことが多いので、1人の工事が遅れると他の職人にも迷惑が掛かります。

職人を引き止めるような事はしないようにしましょう。

不在時のお茶出しは?

空き家のリフォームなどの場合はお茶出しされない事が多いですが、現場の確認ついでにお茶などを買って持っていくのも良いでしょう。

危険な工具が置いてあったりするので、現場に入る際は注意して下さい。

また、工事の種類によっては入室して欲しくないケースもあります。

しょうへい

塗装やクリーニング工事の時は、入室しないほうが良いです

工程表などで今日が何の工事なのかを確認し、できれば営業や現場監督にその日に行く旨を伝えておきましょう。

お茶出しはコミュケーション

お茶出しは不要!と言いましたが、どちらかといえばお茶出しをしてくれる施主さんの方が多いです。

職人さんと少しでもコミュニケーションが取れれば、急なトラブルなどにも快く対応してくれるかもしれません。

しょうへい

気を遣いすぎる必要はないですが、会話のきっかけにお茶出しを利用されてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です