外壁塗装の臭いはいつまで?臭いの原因と対処法をプロが伝授!

外壁塗装の臭いはいつまで? 臭いの原因と対処法をプロが伝授!




あなた

外壁塗装って臭いをなるべく抑えたい・・

臭いはいつごろまで続くんだろう?

1週間から2週間ほどで終わる外壁塗装工事ですが、工事中はなるべく臭いを抑えたいですし工事後もなるべく早く臭いを無くしたいですよね。

しょうへい

リフォーム営業マンのしょうへいです。

これまでの外壁塗装の経験から、塗料と臭いの関係や臭いを抑える方法について解説していきます。

この記事を読めば、外壁塗装中になるべく臭いを発生させない塗料選びや、工事後にどれくらい臭いが続くかについて知ることができるのでぜひ参考にして下さい!

結論から言うと、外壁塗装の臭いは使用する塗料によって大幅に変わります。

工事後の臭いも、水性塗料なら3~4日間、油性塗料なら1週間前後で落ち着きます。

しょうへい

なるべく臭いを抑えたいなら、水性塗料の1液型を使うのがオススメです!

詳しい塗料の違いや臭いを抑えるポイントについては、記事内で解説していきます。

塗料と臭いの関係

水性塗料と油性塗料

外壁塗装で使う塗料には、水性塗料油性塗料の2種類があります。

このうち臭いが強烈なのは油性塗料なので、臭いを抑えたい人は水性塗料を選ぶのがオススメです。

しょうへい

外壁塗装をしている家の近くを通ると、強烈な臭いがする家とそうでない家があります。

これは使用している塗料が水性か油性かの違いによるものです。

昔は油性塗料の方が遥かに性能が良かったので、長持ちさせたいなら油性塗料を選ぶ事が多かったです。

しかし最近は水性塗料の性能も上がってきているので、水性塗料を選ぶか油性塗料を選ぶかではそこまで外壁の持ちは変わりません。

※水性塗料を選んでも臭いが全く無い訳ではありません。

1液型か2液型

外壁塗装の塗料には、何も混ぜずに1缶だけで塗装できる1液型と、塗料と塗料を固めるための液体が別々になっている2液型の2種類があります。

このうち臭いを抑えたいなら1液型の塗料がオススメです。

しょうへい

1液型の方が塗装もしやすいので、ほとんどの塗装会社では1液型を使用しています。

ただし塗料の耐久性については2液型の方が優れているので、臭いよりも耐久性を取るなら2液型を使用するという選択肢もあります。

外壁塗装の臭いは体に毒?

外壁塗装で使用する塗料にはシンナー(有機溶剤)が含まれているので、長く吸い続けると様々な健康被害があります。

頭痛、目眩、耳鳴り、鼻水、せき、湿疹、発汗、吐き気など

特に妊娠中の方、乳幼児、ペットなどがいる家では注意が必要です。

乳幼児やペットは臭いの影響を受けやすいので他の場所に預けたり、妊娠中の方は無理して外壁塗装をおこなわず時期をずらすようにしましょう。

また、塗装会社の中には『ウチは水栓塗料の1液型を使うので安心です』と言う業者もありますが、臭いや毒性が低いだけで全く無いわけではないので注意して下さい。

しょうへい

もちろん全ての方に健康被害がある訳ではありません!

ほとんどの人はしっかりと換気をおこなえば問題なく工事ができます。

外壁塗装の臭いはいつまで続く?

外壁塗装の匂いが最もきついのは、塗装の中塗りと上塗りの工程の時です。

上塗りが終わってから水性塗料なら3日間、油性塗料なら1週間くらいは塗料の臭いが残ると思っておきましょう。

また、実際に塗料を塗る前から臭いがする場合もあります。

これは足場に前の現場の塗料が付着していたり、下地調整で使う材料にシンナーが含まれている事があるからです。

しょうへい

とはいえ中塗り・上塗りの工程と比べれば臭いは少ないです。

ここからは外壁塗装の臭いを抑えるポイントを解説していきます!

外壁塗装の臭いを抑えるポイント

換気を良くする

基本中の基本ですが、外壁塗装中は常に換気を心がけましょう。

しかし塗装中は窓に塗料が付着しないように養生をおこなっています。窓を開けるように養生をする事も可能なので、塗装会社に事前に相談しておくようにしましょう。

また、塗装中は近隣に塗料が飛び散らないように飛散防止のネットを掛ける事が多いです。

この場合は自然の風が入りにくくなっているので、扇風機などを使って室内の風を外に向けて送るようにしましょう。

しょうへい

風を外に向けることで、効率よく換気する事ができますよ。

フォースターの塗料を使う

油性か水性か、1液型か2液型かで臭いが違うことは解説しましたが、さらに塗料には性能を表す表示があります。

上記写真のような表記があるものを『エフフォースター』と呼びますが、これは塗料に含まれるホルムアルデヒドの含有量が少ない事を示しています。

しょうへい

ほとんどの塗装会社では上記のエフフォースターの塗料を使っていますが、念の為塗装会社に確認してみましょう。

中塗り上塗りを一気に塗ってもらう

外壁塗装の工事で最も臭いがするのは、中塗りと上塗りの工程だと解説しました。

少しでも臭いがする期間を短くしたいなら、中塗りと上塗りの工程で休みを挟まないようにしましょう。

通常なら上記のように中塗りと上塗りは1日でおこないます。

しかし、中塗りと上塗りの間に休日を挟むと臭いのする期間が長くなってしまいます。

しょうへい

上記のように塗装中に休みを挟むのではなく、なるべく連続で塗装ができるように工程を組んでもらいましょう。

また中塗りと上塗りは気温の高い日なら乾燥が早く、1日で作業をおこなう事も可能です。

少しでも臭いがする期間を短くしたいなら、夏場に工事をおこなえば日程も少なく済みます。

外壁塗装の中塗りと上塗りの間隔はどれくらい空けるべき?

外壁塗装の中塗りと上塗りの間隔はどれくらい空けるべき?

臭い対策は塗装会社によって違う

外壁塗装の臭いに対する意識は、塗装会社によって全く違います。

親身になって気遣いをしてくれる会社もあれば、根拠もなく安全と言い張って作業を進める業者もあります。

しょうへい

外壁塗装をおこなう際は、必ず複数の会社で見積もりを取って比べてみるようにしましょう!

金額はもちろんですが、臭いに対する対応なども比べる事が重要です。

外壁塗装を比べるなら

外壁塗装の見積もりは、たとえ同じ面積の塗装だとしても塗装会社によって大きく変わります。

しょうへい

必ず複数の塗装会社から見積もりを取り、金額を比べるようにしましょう!

複数の塗装会社から見積もりを取るなら、一括見積もりサイトを利用するのがオススメです!

無料で3~4社の見積もりを比較する事ができ、お断りや日程調整の代行までおこなってくれます。

ただしサイトによって特徴や手数料が変わるので、あなたに合ったサイトを選ぶ事が重要です!

しょうへい

リフォーム営業マンとして絶対にオススメな外壁塗装の一括見積もりサイトをまとめました!

これから外壁塗装を考えている方はぜひ下記記事も参考にして下さい!

外壁塗装の一括見積もりサイト9社を徹底比較!【手数料に注意】

手っ取り早くオススメを知りたい方は、上記記事で1位にさせて頂いたヌリカエがオススメです!

しょうへい

手数料が安く加盟者数も多いので、お得に外壁塗装をおこないたい方にはピッタリです!

  • 質問に答えるだけで相場が分かる!
  • まずは無料見積もりでOK!

無料 ヌリカエ公式

安心して外壁塗装の見積もりを取りたい人にオススメです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です