外壁塗装の中塗りと上塗りの間隔はどれくらい空けるべき?

外壁塗装の中塗りと上塗りの間隔はどれくらい空けるべき?




しょうへい

こんにちは、元リフォーム営業マンのしょうへいです。

今回は外壁塗装の中塗りと上塗りの間隔についてまとめました!

あなた

すぐに重ねて塗っちゃうと、綺麗に塗れないんじゃないの?

上記の疑問を解決します!

結論からいうと、下塗り・中塗り・上塗りともに大体3~4時間程度の時間を空ければ塗っても問題ありません!

しょうへい

それぞれの役割や、乾燥に時間を掛けすぎてしまうとどうなるのか?も記事内で解説していますので、ぜひ参考にして下さい!

下塗り・中塗り・上塗りの役割

外壁塗装では、塗料を3回塗ることを基本としています。

しょうへい

ここでは、それぞれの役割を解説していきます!

下塗り

外壁の洗浄やコーキングなどが完了してから初めて塗るのが下塗りという1回目の塗装です。

下塗りでは、この後で塗る中塗り・上塗りで使う塗料がしっかりと長持ちするようにする役割があります。

この後の塗装で希望した色を塗っていくので、下塗りの段階では希望する色とは全く無関係の白系の色を使うことが多いです。

しょうへい

たまに下塗りの色が希望の色と全然違うので焦って連絡をくれるお客様もいますが、この段階では色が違くても全く問題ないですよ!

中塗り

下塗りのあとに、完成形に近い色を使って塗っていく作業です。

この作業は1度だけだと十分に塗れないので、1度目を中塗り、最後の仕上げでもう1度塗ることを上塗りといいます。

しょうへい

中塗りでは完成の色より少しだけ違う色を使います。

こうする事で、次におこなう上塗りの塗り忘れやムラを防ぐことができるからです。

上塗り

塗装作業の仕上げにおこなうもので、実際の完成の色を使って塗っていきます。

翔平

悪徳業者は上塗りをしないで、中塗りだけで済ませてしまう事もあります!

中塗りと上塗りで、同じような色の塗料を2回塗っているかを確認するようにしましょう!

それぞれの乾燥時間

下塗り・中塗り・上塗りは、それぞれ塗った塗料が完全に乾いてから次の工程に進まなくてはいけません!

乾燥時間は塗料の種類や気温によって異なりますが、大体3~4時間で乾きます

翔平

つまり、朝9時に中塗りをしたところは、13時には上塗りをおこなう事ができます!

実際に1日で中塗り・上塗りと2作業するかは塗装会社次第ですが、多くの会社では効率よく終わらせる為に2作業する所が多いです。

しょうへい

しっかり乾くか心配な人は、1日に1作業だけにしてもらえないか交渉してみましょう。

※その日にどんな作業をするかは、工事の工程表で確認する事ができます。

乾燥時間が長すぎるとどうなる?

塗料の乾燥時間ですが、長く時間を取れば良いというものではありません。

しょうへい

乾燥した状態で放置しておくと、どんどんホコリが付いてしまい次の塗料がうまく付かなくなってしまいます。

ほとんどの塗料では次の塗料を塗るまで1週間以上期間を空けないようにと注意書きがあります!

1週間とはいわず、少なくとも3日以内には次の塗装の工程に進んでもらうようにしましょう!

中塗りと上塗りの間隔が短いとどうなる?

中塗りと上塗りを完全に乾かないうちに塗ったとしても、工事の完成直後には絶対に分かりません!

しょうへい

リフォームの営業をしていた僕が見ても気づけないです。

しかし、塗装工事から数年後に塗装のヒビ割れや劣化が目立ってきてしまいます。

塗装のヒビ割れ・剥がれ
塗装の劣化

工事完成から時間が経過して現れてくるので、保証などで手直しをしてもらう事も困難になります。

また、住宅の状況(日当たりや風当たりなど)によって起こる劣化でもあるので、乾燥時間を守らなかったから引き起こされたという証明が難しく、結局は泣き寝入りするしかありません。

しょうへい

こうならない為にも、乾燥時間はしっかりと守る必要があります!

下塗り・中塗り・上塗りの間隔をしっかりと空けるには?

まずは工程表を確認して、下塗り・中塗り・上塗りの作業する日にちが分けられているかを確認しましょう!

翔平

この作業日が別日になっていれば問題ないです!

もしも作業日が一緒の日になっていれば、分けてもらう事ができないか相談してみましょう。

塗装業者が一緒の日にやる前提で見積もりを作っていれば、追加費用が発生するかもしれませんので注意して下さい。

また、すでに工事が始まっている場合は、『前に塗装してくれた業者が乾く前に塗ってしまってすぐに劣化しちゃったんです』と言っておけば、乾燥時間をしっかりと見てくれる確率が上がるので参考にして下さい。

下塗りや中塗りなどの作業は、必ずしも1日ごとにやらなければいけない訳ではありません。

信頼のおける塗装会社ならばしっかりと乾燥してから塗ってくれるはずなので、同日の作業でも心配ありません!

外壁塗装の見積もりを比べるなら

外壁塗装は、同じ塗料で同じ面積を塗装したとしても塗装会社によって金額が大幅に変わります!

なので、実際に工事をする時には複数の会社で見積もりを取って比べる事がとても重要です!

しょうへい

見積もりの時に乾燥時間をしっかり守って欲しいと伝えておけば、後々の心配やトラブルも少なくなります!

外壁塗装の見積もりを比べるなら、一括見積もりサイトを利用するのが便利です!

注意して欲しいのは、リフォームの一括見積もりではなく塗装専門の一括見積もりサイトを利用するようにしましょう!

翔平

元リフォーム営業マンとして、絶対にオススメな塗装専門の一括見積もりサイトをまとめました!

ぜひ塗装会社選びの参考にして下さい。

外壁塗装の一括見積もりサイトを選ぶコツ!【オススメは2社だけ】

外壁塗装の一括見積もりサイトを選ぶコツ!【オススメは2社だけ】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です