キッチンの高さを身長だけで決めるのは危険!元リフォーム営業マンが解説




翔平

こんにちは、元リフォーム営業マンのしょうへいです。

今回はキッチンの高さの選び方について解説していきます。

リフォーム業界には、自分に合ったキッチンの高さを決める時に身長÷2+5cmという数式がよく使われます!

しかしこの公式通りにキッチンを取り付けても、もう少し高いほうが作業しやすいとお客様に言われる事が多かったです。

翔平

なぜ公式通りの高さだと低く感じるのか?そして適切な高さの選び方について詳しく解説していきます

キッチンの高さの種類とは?

現在、多くのメーカーでは80cm・85cm・90cmと3種類の高さがあります。

翔平

一般的には85㎝が主流なので、賃貸物件には85㎝のものが設置されている事が多いです。

また、キッチンの高さは金額とは無関係なので、高さを上げても下げても金額は変わらない事がほとんどです。

翔平

普段なにげなく使っているキッチンですが、自分の家のキッチンが何cmなのかを測ってみましょう!

キッチンの高さの目安とは?

キッチンの高さを決める時の参考に、リフォーム業界の人間なら誰でも知っている数式があります。

身長÷2+5cm

例えば身長160cmの人の場合は、160cm÷2+5cm=85cm

身長170cmの人の場合は170÷2+5cm=90cm

というふうに、上記の数式に当てはめると自分に合ったキッチンの高さになるというものです。
※この計算はスリッパは含まれないので、スリッパを履いてキッチンに立つ場合はその厚さもプラスして下さい。

翔平

多くのリフォーム営業マンが上記に従って提案しますし、ネットの他サイトを見てもこの公式を参考にしている所が多いです。

しかしこの公式通りの高さでキッチンを提案すると、もっと高い方が作業しやすいと言われる事が非常に多かったです!

必要な高さは調理パートで違う!

なぜそうなるのかというと、キッチンは洗う・切る・炒めるといった調理パートによって最適な高さが変わります!

洗う場合の高さ

洗う作業はキッチンのシンク部分でおこないます。

翔平

シンクは天板よりもくぼんでいるので、常に腰を曲げながらの作業になります。

なので基本的には高いキッチンほど作業が楽になります。

この時に、低すぎるキッチンを選んでしまうと腰に負担が掛かり痛めてしまう事が多いので注意が必要です。

翔平

シンクの高さは、少し高いくらいで合わせるとちょうど良いです!

切る場合の高さ

切る作業では、天板の上にまな板などを載せて作業をする方がほとんどです。

シンク同様に低すぎる場合は腰を痛めますが、逆に高いと体重をのせて切れないので不便です。

切る作業では、少し低いかなくらいの位置で合わせると作業がしやすくなります。

炒める・煮る場合

最後に炒める・煮る場合にはコンロを使いますが、コンロは少し低いくらいがちょうど良いです!

翔平

コンロが高いとプライパンを振ったりする時に腕や肩が疲れます。

また、鍋を使うときには低い方が中を覗き込む時に便利です。

調理パートごとの高さまとめ

シンク(洗う)高めが良い
天板(切る)低めが良い
コンロ(炒める)低めが良い

このように、調理する時の作業内容によって適切な高さは変わります。

どこを優先するかによっても違いますので、身長÷2+5cmのような決まった公式では1人1人で違う感覚になって当然です!

翔平

全部の作業で考えずに、自分の調理スタイルに合わせて適切な高さを考えた方がまとまりやすいと思います!

優先すべき高さは調理スタイルによって変わる!

以前まではキッチンの作業のうち、半分以上はシンクでの洗い物作業でした!

翔平

なので洗い物時の負担を軽くするため、少し高めのキッチンを選ぶのが正解だったといえます。

しかし最近では食洗機の普及により、洗い物の時間が大幅に短縮されています。

翔平

どんなキッチンを選ぶかによっても最適な高さは変わります。

選ぶキッチンと自分の調理スタイルによって調節するようにしましょう!

※ちなみに腰痛持ちの人はキッチンの高さを高くしただけで解消されるケースもあります!

必ず現物を見てから決めよう!

キッチンの高さに悩む人は、必ずメーカーのショールームで実物を見てから決めるようにしましょう!

メーカーのショールームに行けば、色々な高さのキッチンが展示してあるので簡単に比較できます!

翔平

実際にここで高さ変更をする人がいっぱいいます!

注意点としては、自宅で使用しているスリッパなどを持参して実際の調理時を再現するようにして下さい!

翔平

スリッパやキッチンマットの高さも非常に重要です!

間違っても高いヒールなどを履いたまま高さを決めないようにして下さい!

迷ったら高めを選ぼう!

実物を見ても自分に合う高さが分からないという人は、高めのキッチンを選んでおく事をオススメします。

翔平

もしも取り付けて高いなと感じたら、厚底のスリッパやマットで調節できます!

逆に低めのキッチンを取り付けてしまった場合は、どうあがいても修正不可能なので注意して下さい!

キッチンのリフォームをするなら

リフォームをするなら複数のリフォーム会社で見積もりを取り、しっかりと比較・検討する事が重要です!

翔平

たとえ同じキッチンを使ったとしても、リフォーム会社によって金額が全然違う事もあります!

特にリフォームの場合は一括見積もりサイトを利用してみましょう!

無料で複数のリフォーム会社から見積もりが取れ、比較をするのにとても便利です!

翔平

一括見積もりサイトは加盟社数と手数料の安さで選ぶようにしましょう!

元リフォーム営業マンとして絶対にオススメなサイトを厳選したので、ぜひ下記を参考にして下さい!

手数料に注意!リフォームの一括見積もりサイト11社を徹底比較!

【手数料に注意】リフォームの一括見積もりサイト11社を徹底比較!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です