【商品別】キッチンの値引き率は?リフォーム営業マンが解説!




あなた

キッチンってどれくらい値引きしてもらえるんだろう?

商品ごとの値引き率が知りたい!

水周りの中でも高額になりがちなキッチンですが、リフォーム会社の見積もりでどれくらい値引きしてもらえるのか気になりますよね。

しょうへい

リフォーム営業マンのしょうへいです。

今回はメーカーや商品ごとのキッチンの値引き率について解説していきます!

この記事を読めば、リフォーム会社がキッチンを仕入れる際の値引き率やお客様に販売する際の値引き率の相場を知ることができるので、ぜひ参考にして下さい。

結論から言うと、リフォーム会社がキッチンを仕入れる時の値引き率と、お客様へ販売する時の値引き率を商品ごとにまとめたのが下記表です。

メーカー商品名仕入れ販売
クリナップラクエラ68%OFF54%OFF
ステディア47%OFF25%OFF
セントロ42%OFF17%OFF
リクシルシエラ65%OFF50%OFF
アレスタ55%OFF35%OFF
リシェル47%OFF24%OFF
TOTOミッテ60%OFF43%OFF
クラッソ45%OFF22%OFF
トクラスBb65%OFF50%OFF
ベリー55%OFF35%OFF
パナソニックリフォムス50%OFF28%OFF
エルクラス40%OFF14%OFF
タカラエーデル31%OFF定価販売
トレーシア31%OFF定価販売
レミュー31%OFF定価販売
※スマホなら横にスクロールできます

たとえば最上段のラクエラを定価100万円の組み合わせで購入する場合、リフォーム会社は68%OFFの32万円で仕入れて、定価54%OFFの46万円でお客様に販売する事が多いという事です。

しょうへい

この値引き率はリフォーム会社によって異なりますが、10%以上違うという事はまずありません。

自分がリフォームしたい商品の値引き率が良い会社を探すのがリフォーム費用を安く抑えるコツですが、リフォーム工事では商品の値引き率以外にも工事費や諸経費も金額を決める上で重要な要素です。

商品の値引き率だけでリフォーム会社を決めるのではなく、必ず複数のリフォーム会社から見積もりを取って合計金額を比較するようにしましょう。

しょうへい

詳しい値引き率の仕組みについては記事内で解説していきます!

複数のリフォーム会社で見積もりを比べる際は一括見積りサイトを利用するのがオススメなので、ぜひ下記記事も参考にして下さい。

手数料に注意!リフォームの一括見積もりサイト11社を徹底比較!

【手数料に注意】リフォームの一括見積もりサイト12社を徹底比較!

キッチンの定価金額の仕組み

キッチンのカタログを見ると、商品ごとに定価金額という記載があります。

よくある勘違いとして、この定価金額に工事費用を加えたものが全体のリフォーム金額だと思っている人も多いようですが、定価金額というのは商品代金+工事費用の目安です。

しょうへい

つまりキッチン本体の金額は、定価金額よりも大幅に安くなります!

キッチン本体の金額がどれくらい安くなるかはメーカーや商品の種類によって様々ですが、大体のキッチンが定価の20%~50%OFFになると思っておきましょう!

値引き率と利益

リフォーム会社からの見積もりでキッチン本体が20%~50%値引きされているとビックリされる人もいますが、当然リフォーム会社はこれよりも安く仕入れています。

しょうへい

たとえばクリナップのラクエラというキッチンをを例に出してみましょう。

ラクエラはリフォーム会社が仕入れる際には定価金額の68%OFFくらいが相場です。

つまり定価金額が100万円のラクエラなら、リフォーム会社は32万円で仕入れているという事になります。

メーカー商品名仕入れ
クリナップラクエラ68%OFF

そしてお客様に販売する時には、リフォーム会社の利益を乗せた金額で販売されます。

どれくらいの利益を乗せるかはリフォーム会社によって様々ですが、一般的なリフォーム会社は利益率を30%に設定しています。

しょうへい

細かい計算は省きますが、仮に32万円で仕入れたラクエラに30%の利益を乗せて販売するには、リフォーム会社は46万円でお客様に販売する必要があります。

つまりリフォーム会社の見積もりでは、定価100万円のラクエラは54%OFFの46万円でお客様に販売される事が多いという事です。

メーカー商品仕入れ販売
クリナップラクエラ68%OFF54%OFF
しょうへい

後述しますが値引き率はリフォーム会社によって多少の違いがあります。

利益率について覚える必要はありませんが、下記の方法で計算する事ができます。

利益率の求め方

【利益額÷販売金額×100】

※定価100万円のラクエラを32万円で仕入れて46万円で売る場合

利益額(14万円)÷販売金額(46万円)×100=30.4%

元リフォーム営業マンが教える!リフォーム会社の利益の仕組み

キッチンの値引き率の目安

キッチンの割引率はメーカーや商品によって大きく異なります。

基本的にはどんなメーカーでも高級グレードの商品になればなるほど割引率は悪くなっていきます。

しょうへい

商品ごとに、リフォーム会社が仕入れる際の値引き率と、お客様に販売する時の値引き率をまとめたのが下記表です!

メーカー商品名仕入れ販売
クリナップラクエラ68%OFF54%OFF
ステディア47%OFF25%OFF
セントロ42%OFF7%OFF
リクシルシエラ65%OFF50%OFF
アレスタ55%OFF35%OFF
リシェル47%OFF24%OFF
TOTOミッテ60%OFF42%OFF
クラッソ45%OFF31%OFF
トクラスBb65%OFF50%OFF
ベリー55%OFF35%OFF
パナソニックリフォムス50%OFF28%OFF
エルクラス40%OFF14%OFF
タカラエーデル31%OFF定価販売
トレーシア31%OFF定価販売
レミュー31%OFF定価販売
※スマホなら横にスクロールできます

上記がメーカーや商品ごとの値引き率の目安です。

しょうへい

リフォーム会社によって値引き率に違いがあるので、あくまでも目安だと思って下さい。

※メーカーの中でもタカラは少し特殊で、定価金額が安い代わりに値引き率も悪くなっています。タカラのキッチンは値引きされずに定価販売のケースもあるので注意して下さい。

タカラスタンダードの値引き率はなぜ悪い? 営業マンが解説!

タカラスタンダードの値引き率はなぜ悪い?営業マンが解説!

値引き率はリフォーム会社によって違う?

キッチンの値引き率はメーカーや商品によって違うと言いましたが、リフォーム会社によっても多少の違いがあります。

たとえば仕入先である商社(問屋)からすると、同じキッチンでも“年間10台売ってくれる会社”“年間100台売ってくれる会社”があれば、後者を優遇したくなりますよね?

このように、年間の取り扱い台数が多かったり昔から継続して取り引きのある会社などは多少割引率が優遇されている事があります。

しょうへい

とはいえ10%も違う事はほぼありません!せいぜい3~5%程度の違いです。

ただし中小のリフォーム会社は販売するメーカーを絞るなどして、特定のメーカーを安く仕入れられるように工夫をしている会社もあります。

つまりリフォーム商品の値引き率は、実際にリフォームの見積もりを取ってみないと正確な数字は分からないという事になります。

工事費用の罠

リフォームを安くおこなうには値引き率の良いリフォーム会社を探す事が重要とお伝えしましたが、値引き率を安くする変わりに工事費や諸経費を割高にする業者も存在します。

たとえば値引き率が50%OFFのA社と、55%OFFのB社があれば、当然B社の方が安くリフォームできそうですよね。

しかし実際に見積もりを取ってみるとB社の方が工事費が高く、トータル金額ではA社の方が安いという事もあり得ます。

A社B社
50%OFF定価100万円55%OFF
500,000円商品代450,000円
350,000円工事費390,000円
50,000円諸経費80,000円
900,000円合計920,000円
しょうへい

つまりリフォーム工事は商品の値引き率だけではなく、工事費までを含めたトータルの金額で比較する必要があります!

リフォーム会社を比較するなら

リフォームの見積もりは複数の会社で比較をする事が重要です!

しょうへい

同じキッチンで見積もりを取っても、値引き率や工事費の違いでトータル費用が驚くほど変わる事もありますよ!

リフォームの見積もりを比べるなら、一括見積もりサイトを利用するのがオススメです!

無料で3~5社の見積もりを比較でき、納得のいく業者が見つからなければお断りの代行までしてくれます。

しょうへい

ただし、手数料の高いサイトを選んでしまうと割高なリフォームになってしまう恐れがあります。

下記でリフォーム営業マンがオススメする手数料の安い一括見積もりサイトをまとめたので、ぜひ参考にして下さい!

手数料に注意!リフォームの一括見積もりサイト11社を徹底比較!

【手数料に注意】リフォームの一括見積もりサイト12社を徹底比較!

手っ取り早くオススメを知りたい人は、上記記事で1位にさせて頂いたリショップナビがオススメです!

しょうへい

手数料も安くお断りの代行もしてくれます!

登録後はコールセンターからのヒアリングの電話を待っているだけでOKです!

  • 簡単1分登録
  • 登録後は待つだけでOK!

無料 リショップナビ公式

なるべく安くリフォームを済ませたい人にオススメです!

リショップナビの評判を加盟業者が暴露!手数料の仕組みは?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です