トイレの床色選びは難しい!元リフォーム営業マンがアドバイス

トイレの床色選びは難しい! 元リフォーム営業マンがアドバイス!




しょうへい

こんにちは、元リフォーム営業マンのしょうへいです。

今回はトイレの床の色の選び方について解説していきます。

トイレは汚れやすい場所なので、床の色によっては掃除で大変な思いをする事になります。

しょうへい

そうならない為にも、どういう色を選べば掃除がラクになるかを解説していきます。

※この記事では床の色について解説しています。床材を何にするか迷っている人は下記記事を参考にして下さい。

トイレの床材はどれにする?それぞれのメリットとお手入れ方法

トイレの床の汚れは目立たせるべき?

トイレの床の色選びをする時に、汚れが目立たない色にしたい!と言う人が非常に多いです。

しょうへい

たしかにトイレは水ハネやアンモニアの付着もあり汚れやすい場所です。

しかし、汚れているのが分かるからこそ、しっかりと掃除するというタイプの人もいると思います。

しょうへい

つまりその人の掃除するタイプによっては、逆に汚れが目立った方が綺麗に保てるというケースもあります。

特に小さなお子様がいるお宅などは、汚れに気づけた方がすぐに掃除ができて嬉しいという人もいらしゃいます。

汚れが目立たない方が良いのか汚れに気づけた方が良いのかを、まずはよく考えてみて下さい。

白系と黒系では目立つ汚れが違う!

トイレの床を白い色にすると、アンモニアの汚れが目立つのは分かると思います。

では暗い色にすれば目立たないのかというとそうでもなく、逆に暗い色の床はホコリの汚れが目立ちます!

しょうへい

汚れを目立たせたくない場合は、グレーやベージュなどの色を選んであげると目立たないですよ!

逆に汚れを目立たせたい場合は、ベージュやグレーから少し白or黒系に寄せた色にすればするほど目立っていきます。

どちらの汚れを気にするか?

白系統はアンモニアが、黒系統はホコリが目立つと言いましたが、どっちの汚れを優先するかは人によって違います。

ホコリは貯まっても落とせなくなる事はないですが、アンモニアは放置すると汚れが染み込み落ちなくなります。

しょうへい

個人的な意見ですが、アンモニアはなるべく早く気づいて掃除できるように、白系統の床をオススメしています!

しかしトイレの掃除をあまりしない人は、アンモニアを放置しても目立たない暗い色の方がオススメです。

汚れには柄も関係あり

また、汚れの目立つ目立たないは柄も関係してきます。

最も汚れが目立つのは無地です。また、規則的な柄が入っているものも汚れが目立ちやすいです。

逆に、不規則な柄が入っているものはに汚れても柄と見間違える事が多く目立ちません。

しょうへい

ここも汚れを目立たせたくないか、汚れに気づきたいかで意見が分かれるポイントです。

オススメなトイレの床色とは?

  • とにかく汚れを目立たせたくない人

ベージュやグレーの不規則な柄入りの床材

  • アンモニアを目立たせたい人

白系の無地or規則的な柄の入った床材

  • アンモニアを目立たせたくない人

暗い色の無地or規則的な柄の入った床材※ホコリは目立ちます

以上となります。

ちなみに僕がお客様によく提案していたのは

白系でアンモニアは目立つようにしつつ、最悪染み込んでも目立ちにくいように不規則な柄入りの物を選んでいました!

しょうへい

無難な色になりますが、清掃面ではこれが最強の組み合わせだと思っています!

ぜひ床色選びの参考にしてみて下さい!

トイレのリフォームをするなら?

トイレの床材はCFがオススメですが、リフォーム会社に見積もりを頼めば色々な柄の載ったサンプル帳を持ってきてらえるので、そこから選ぶようにしましょう!

しょうへい

サンプル帳に良いのがなくても、メーカーと品番を伝えれば大体のものは用意できると思います!

また、トイレのリフォームをするなら無料で複数のリフォーム会社から見積もりが取れる一括見積もりサイトを利用するのがオススメです!

しょうへい

しっかりと比較・検討ができるので、トイレリフォームがお得になります!

元リフォーム営業マンとしても絶対にオススメなサイトを厳選したので、ぜひ下記を参考にして下さい!

手数料に注意!リフォームの一括見積もりサイト11社を徹底比較!

【手数料に注意】リフォームの一括見積もりサイト11社を徹底比較!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です