タイムズペイを実際に導入してみて分かった評判と感想【慎重に選ぼう】

タイムズペイを実際に導入してみて分かった評判と感想【慎重に選ぼう】
しょうへい

こんにちは、しょうへいです。

僕が総務を務める会社では、キャッシュレス決済のタイムズペイを利用しています。

この記事ではタイムズペイを実際に使った感想評判、手数料から送られてくる機械一覧をまとめました!

この記事を読めばタイムズペイの全てが分かると言っても過言ではありませんので、導入を検討している店舗、企業はぜひ参考にしてみて下さい。

結論から先に伝えると

タイムズペイには向かない
  • 売上を翌日には振り込んで欲しい
  • 社員の1人1人に持たせたい

 上記に該当する店舗・会社はタイムズペイは適していません。

逆に上記に該当せず

タイムズペイに向いている
  • 持ち運んで利用したい
  • 手数料が安いものを使いたい
  • 機械にうといので使えるか不安

上記に該当する店舗・会社はタイムズペイを選べば絶対に満足しますよ!

 

タイムズペイってなに?

タイムズペイとは、駐車場のタイムズを運営しているパーク24という会社が提供しているキャッシュレス決済サービスです。

 

クレジットカードの主要6社や有名な電子マネーも揃えた、これさえ導入しておけば大体のキャッシュレス決済には対応できるよねという欲張りなサービスです。

 

しょうへい

カード決済のライバルである Square は電子マネーが使えないので、両方使いたければタイムズペイで決まりです。

 

タイムズペイの決済手数料は?

 タイムズペイで決済時に掛かる手数料は、カード会社によって変わります。

電子マネーとカードのVISA・MASTERは3.24%で、それ以外のカード会社は3.74%決済手数料が掛かります。

しょうへい

この決済手数料は他社と比べるとどうなのか?ライバルの Coiney、 Square と比較をしてみましょう。

 タイムズペイCoineySquare
VISA・MASTER3.24%3.24%3.25%
上記以外のカード3.74%3.74%3.25%
電子マネー3.24%3.24%取扱なし

上記の表からも、タイムズペイの手数料は他社と比べても高くないという事が分かります。

Square は電子マネーの取扱がないので、電子マネーの利用を見込んでいる人は辞めておきましょう

キャッシュレス還元事業期間中(2020年6月30日まで)は全サービスで決済手数料が一律2.16%になっています

しょうへい

導入するにあたり色々な決済サービスを調べましたが、手数料はどこも似たりよったりで差はありませんでした。

 

タイムズペイの振込手数料は?

タイムズペイはなんと振込手数料が無料です!

他の決済サービスも指定銀行口座なら無料などはありますが、タイムズペイはどの銀行口座に振り込んでも手数料は無料です!

 タイムズペイCoineySquare
振込手数料無料10万円未満200円
10万円以上無料
無料

手数料削減のために新たに振込用口座を作る必要もないので、今までのメインバンクをそのまま使えます!

しょうへい

これは総務・経理としてもうれしい

 

しかし注意しなければならないのは入金サイクルです!

タイムズペイでは

  • 1日~15日までの売上を当月末日に 振り込む
  • 16日~末日までの売上を翌日15日に振り込む

という月2回の入金サイクルとなっています。

これはどうあがいても変更できないので、売上は即入金されないと困る!という会社はタイムズペイには適していませんので注意して下さい!

振込日が土日祝日の場合は、①の場合は前営業日に②の場合は翌営業日の振込となります。

タイムズペイの導入費用は?

なんとタイムズペイは初期導入費用が完全に無料ではじめられます!

残念ながら2020年3月に有料となりました。

タイムズペイで決済をする為に必要なのは下記の3点ですが

  • タブレット
  • カードリーダー
  • モバイルプリンター

これらをセットで38,000円にて貸し出してくれます!

故障時には故意の破損でない限りは無償交換してくれますし、解約時の違約金なども無いです!

しょうへい

ほかのサービスではこちらで用意するものがあったりするので面倒くさいです。

 タイムズペイCoineySquare
用意するものなしiPhone や iPad などの端末スマホへのアプリインストール(無料)
しょうへい

キャッシュレス決済を導入しても売上げが上がるか心配、、、というお店もタイムズペイなら完全にノーリスクではじめられます!

 

タイムズペイを導入できる台数は?

サービス開始当初は、1社につき1台のみでしたが、初期費用有料になってからは料金さえ払えば何台でも導入可能になりました!

多くの台数が必要な会社は、 Square なら追加購入(1台7.980円)でまとめて導入できます。

タイムズペイの審査の流れ

ここからはタイムズペイの審査の大まかな流れについて解説します。

①申込みページより書類一式を揃える

まずは下記より公式サイトに進み、お申し込みというページに移動します

電話で問い合わせて担当者に会社まで来てもらう事もできます。
その時に申込み用紙なども一緒に持ってきてもらう事も可能です!

②必要書類に記入する

PDFで申し込み用紙があるので印刷し、必要事項を記入します。

キャッシュレス還元事業に申し込む場合はもう1枚必要な用紙があるので、そちらも記入しましょう。

振込先口座の記入欄もあるので、予めどの口座に入金すべきか考えておきましょう。

③その他必要書類が無いか確認

上記の申込書の他に、業態によって必要な書類があります。公式サイトで確認し、対応するものを準備しましょう。

法人での申込みの場合は、登記簿謄本と会社のパンフレット(無ければホームページの印刷)が必要です。

④まとめて送付する

申込書と、対応する必要な書類の準備ができたらまとめて郵送で送ります。

以上で申込みは完了です。

しょうへい

キャッシュレス還元事業の申込みは、記入が難しい箇所もあります。電話で問い合わせれば親切に教えてくれますよ

 

審査期間の目安

混雑具合にもよると思いますが、僕の会社の場合は申込みから1ヶ月くらいで審査が通り、クレジットカードが使えるようになりました。

そこからさらに2ヶ月後くらいに電子マネーの審査が通り、使用する事ができました。

クレジットカードのVISA・MASTERの審査が最も早く通るようです!

上記カードの審査が通り次第、決済機器が送られてきます

審査が通ると担当者から連絡があり、決済機器を送る旨を伝えられます。

そこから大体1周間ほどで到着しました。

 

 

タブレット・端末一覧

しょうへい

ここからはタイムズペイから送られてきた内容物一覧を紹介していきます。

タブレット

まずはメインとなるタブレットです!

機種は京セラの『Qua tab QZ8』という機種になります。

サイズは8インチ(横126mm縦214mm厚み8.3mm)で、漫画本より少し大きい位のサイズ感です。

しょうへい

軽量なので持ち運びにも苦労しません

充電は上下どちら向きでも挿せるCタイプの端子となります。

充電ケーブル

上記タブレット用の充電ケーブルです。

タイムズペイ以外の端末でもCタイプなら利用できますし、市販のCタイプの充電器も利用可能です。

カードリーダー

クレジットカード読み込み用のカードリーダーです。

 

暗証番号の入力はもちろんですが、スキャンにも対応しています。

カードリーダ用の充電ケーブルも付属しています。

モバイルプリンター

決済完了時のレシートを発行する為の機械です。

 

初回分のロール紙と、充電ケーブルも付属しています。

しょうへい

ここまでは予想通りだったのですが、さらに色々と付いてきます!

タブレットケース

 

 

しょうへい

なんと、タブレット用の専用ケースも付いてきます!

 

 カバーを留める所はマグネットタイプで、不意に開いてしまうような事は起きないです。

マルチ充電器

さらに、4ポート同時に接続できる充電器も付いてきます!

しょうへい

コンセント1口で4台まで同時に充電ができます。

取扱説明書

 

最後に、全機器の取扱説明書も付いてきます。

別記事にて解説していますが、タイムズペイの使い方は非常に簡単です。

しょうへい

僕の会社でも、ガラケーしか使った事のない高齢の社員がスムーズに使えるレベルです

タイムズペイを実際に導入したので使い方と注意点をまとめてみた!

タイムズペイを実際に導入したので使い方と注意点をまとめてみた!

 

機器一覧まとめ

 

 

ここまで紹介したものが全て38,000円で送られてきます!

しょうへい

正直言って、タブレットケースやマルチ充電器は予想外でした!

普通に利用するなら何も追加購入しなくても使えます!

 

追加購入したもの

しょうへい

僕の会社ではお客様宅で決済する事が多いため、全ての機器を入れられるメッシュケースを購入しました。

 

A4より少し大きめのメッシュケースですが、サイズもちょうど良い感じです。

しょうへい

慎重に傷一つ付けたくない人は、もう少し頑丈なケースを買った方が良いと思います

※ロール紙の追加購入はタイムズペイ以外のところで買っても大丈夫です!

タイムズペイのロール紙を公式より安く手に入れる方法【最安比較】

タイムズペイのロール紙を公式より安く手に入れる方法【最安比較】

まとめ

会社からキャッシュレス決済機器の導入を命じられ選んだタイムズペイですが、今のところ社内での評判も良く、選んで良かったと感じています。

しょうへい

使いづらいのを選んでしまうと社内で不満が出るので、そういう意味でも安心しています笑

  • 翌日にはお金を振り込んでほしい
  • 社員1人1人に機器を持たせたい

上記に該当する場合はタイムズペイは適していませんが、それ以外の店舗・会社ならば間違いなく満足できると思います!

しょうへい

初期導入費用も今なら掛からないので、キャッシュレス決済を検討中の方には迷わずオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー